歯の詰め物の種類とメリット・デメリット

歯の詰め物について誰よりも詳しくなれるサイト

おすすめリンク

歯の詰め物を使う時とは

歯の詰め物の中にも色々な種類があります。 歯の詰め物はもちろん高価であればあるほど取れにくかったり、質がとても良かったりします。 また、歯は元々白い物なので白い詰め物が一番良いと言われていますが、白い詰め物をすると高くなったりもします。 そういった歯の詰め物について紹介していきます。

歯の詰め物を使用するメリット

虫歯の際に治療として使用される歯の詰め物。 それはとても良い物で、一度虫歯になってしまっても詰め物をすれば一度全てをリセットすることが出来ます。 虫歯の人はよく放置してしまいがちですが、歯の詰め物のメリットを知れば、皆歯の詰め物を歯医者でするでしょう。

歯の詰め物には何があるか

歯の詰め物は基本的に虫歯の治療の際に使われます。
虫歯菌が感染してしまっている歯はもう人間の体の自然治癒では治せないので、削ってしまってその上に詰め物をして治療をするという形になるのです。
削った分そこの歯の部分は欠けてしまいますが、その分歯の詰め物をすることで歯が欠けてしまった部分を補うという仕組みです。
また、歯の詰め物には色々な種類があります。
歯の詰め物は噛んでいる途中でよく外れたりしてしまうのですが、歯の詰め物にある色々な種類の中で良い物を選べば選ぶほど取れにくかったり、健康的になったりします。
基本的に虫歯治療ということで歯の詰め物をする際は保険が効くため、そんなにお金はかかりません。
しかし、良い詰め物は保険が効かないため自費で全て払わなければならなく、その分とても高価な物となってしまいます。
もしお金がかかってしまうから歯の詰め物が取れたまま放置をしてしまうと、元々削って空気に晒されていた歯の欠けている部分に細菌などがたくさん入ってしまい、しかも歯が欠けているため食べ物を食べた際の食べカスなどが溜まりやすいためどんどんと虫歯が進行してしまい、最終的にはもう手がつけられないような形になってしまいます。
虫歯を治療する上で虫歯が進行しすぎてて虫歯の場所が大きすぎて詰め物では対処しきれないとなったら、更に被せ物という物をしますが、これはとても外から見てもとても目立つし、白い物にするととてもお金がかかるため歯の詰め物の段階で虫歯を止めておくことが最適と言われています。

歯の詰め物をするデメリット

歯の詰め物をするということは虫歯になってしまったということです。 虫歯になってしまうということは病気になるということとある意味同意なのでもちろんデメリットも存在します。 歯の詰め物で治療をするといえども、デメリットは付きまとう物なのです。 今回はそのデメリットを主に紹介していきます。

TOPへ戻る