歯の詰め物について誰よりも詳しくなれるサイト

歯の詰め物をするデメリット

料金がかかる

やはり歯の詰め物をする上で一番大きな壁は料金がかなりかかってしまう所だと思います。
また、治療も何回も通院していって徐々にしていくというのが基本的な歯医者の形態なので毎回の治療費にプラスして歯の詰め物の料金を払うことになるので、時間もお金もとても消費することになってしまいます。
もちろん銀歯など安い素材にしてしまえば保険が効くので料金は安く済むのですが、結局銀歯にした所でまた色々なデメリットが生まれてしまうためどうしようもなく料金がかかってしまうのです。
また、長い目で見ると何年後かには恐らく詰め物が割れてしまうので新たに詰める際にまた料金がかかってしまうというデメリットがあります。
詰め物の種類も考えると良いでしょう。

歯を削ってしまう

歯の被せものなどををするということは、虫歯の部分を削る必要があります。
つまり、自分の体から生えてきた歯を削って欠けさせるということなのです。
整形などでもよく言われていることですが、元の体から何かを削ってしまうということはやはり体に何らかの負担とデメリットを抱えてしまうことなのです。
主に歯を削ってしまうと、将来歯茎が下がってしまったり歯と歯茎の境目が見えてしまうようになったりすると言われています。
特に銀歯なら薄いためあまり削らなくて済むので歯茎が下がったりするなどの心配はあまりありませんが、セラミックなどの素材は厚いためその分大きく削らなければならないので歯茎が下がるなどの弊害はあるかもしれません。
ただ、虫歯を治すというのは一番大事なのでどうすればいいかは歯医者さんと相談するのが一番だと思います。


TOPへ戻る